Tuk Tuk for Children (トゥクトゥク・フォー・チルドレン) とは?

Tuk Tuk for Children、略して TT4C は、2015 年に創設されたボランティア団体です。立ち上げ当初は、都市から遠く離れたカンボジアの村に、とにかく何かポジティブな変化を届けたい一心でした。複数の村を回り、2 週間につきざっと 200 人あまりの子どもたちに会い、一緒に遊んで、学んで、笑顔をもらって。そのことが何より嬉しくて、私たちの願いはひとつの言葉になっていきました。

「貧しさや、生きることで精いっぱいだったために空白となっていた子どもたちの『子ども時代』を、少しでも埋めていきたい」

2016 年、従前からお世話になっていた NGO “Building Bridges for Children (BBC)” 様と正式に提携。BBC 様はポーサット市で英会話スクールを運営されており、当地区の児童・幼稚園児らに対する教育機会の向上に貢献されています。
私たちの方はというと、このほど「移動図書館」サービスを開始したところで、近々おもちゃなども扱っていければと考えております。現地採用したクメール人 (カンボジア人) の Dala (ダラー) も素晴らしい女性で、地元の先生方と私たちをしっかり結びつけてくれます。ワークショップを取り仕切るほどのスキルを短期間で身につけ、通訳としても大活躍中です。

最後に Adrian (エイドリアン)。TT4C 創設者のひとりです。団体立ち上げ前からポーサットに 2 年間住んでおり、地元で彼を知らぬ者はないといった状態でした。何せバラン (カンボジア語で『外国人』。エイドリアンはオーストラリア人です)、であると同時にトゥクトゥクの運転手だったのですから。190 cm を超える長身も、人目を引くのに一役買ったでしょうね。あなたが TT4C でボランティア等をされる際は、彼が連絡窓口になります。カンボジア滞在中、何か困ったことがあればどんどんお申し付けください。ご連絡お待ちしています!